ロゴマーク

日本ユニットハウス買取センター

携帯で簡単!写メでのお見積り

現金買取り・処分・撤去・売却の日本ユニットハウス買取センター|ユニットハウス|スーパーハウス|プレハブ|コンテナ|コンテナハウス|仮設事務所|バイクガレージ 〈対応エリア〉東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、岐阜、静岡、愛知、京都、兵庫

新着情報

ラフタークレーンでコンテナとユニットハウスの吊り上げ

工場内からユニットハウスやコンテナを引取ってほしいというご依頼が数多くあります。

敷地内には、工場の他に倉庫などの建物。
無数の配管や張りめぐらされた電線(それも高圧線)、原材料や燃料、重油、窒素タンクやガスタンク等々。

そんな中での作業は、当然ながら事前の計画と準備を念入りに行います。

今回の工場からは、2連棟のユニットハウスとコンテナ3台の引取り。
高圧線をかわして、100坪の倉庫の上を25トンラフターで吊って、トラックに積み込む作業。
スタッフ総勢8人です。

現場監督の指示のもと、作業を開始。
10m近く上げるので、事前にロープを付けて、それぞれがコンテナに触れないように下から操作。

6m先には、高さ5mの窒素タンクがあります。
クレーンのオペレーターさんからは、こちらの作業は見えません。

クレーン先端に付いているカメラで見るだけです。
監督の指示を受けるコントローラーの人が、無線でオペレーターに伝えていきます。

『ゆっくり、ゆっくりと』
操作を誤ると、大きな事故になります。

高圧線をかわすために、吊って下ろして、また吊って。そして回転させて10mの建物超え。

みごと無事に完了。
手に汗握る作業でした。たくさん神経を使いました。

工場の方にはとっても喜んでいただき、私もうれしいです。
スタッフの皆様、本当にご苦労様でした。

ユニットハウスの買取査定のため静岡県静岡市へ

静岡市清水区は、ちょっと前まで「清水市」でした。
パソコンの地図ソフトが古くて、地名が変わるたびに四苦八苦しております。
(最近、あちこちで新しい地名になっていますね)

本日は、幅 4,500×奥行 2,250×高さ 2,447(mm)のユニットハウスの査定に行ってまいりました。

ユニットハウスやコンテナが置いてある場所として、市町村の境や山が比較的多いです。
静岡市や浜松市などへは頻繁に見積もり・買取りに訪れていますので、県内の奥深くまで詳しくなりました。

静岡で車を走らせていると、さまざまな角度で表情を変える富士山の姿が見られます。
御殿場や富士宮、沼津。近くでみると迫力もあります。
また、季節ごとにもその容姿は変わるので、一年中楽しませてもらっています。

富士山の初雪は、なぜあんなに興奮するのかな?
そんなことを考えながら見積もりに回っております。

ユニットハウスを伊豆に設置しました

本日は静岡県伊豆の国市大仁へ、ユニットハウス2連棟の設置に行ってまいりました。

伊豆の玄関口にあたる大仁(おおひと)は、「いちご」が名産。

観光農園などもたくさんあり、シーズン中はたくさんの人が訪れます。
(伊豆のいちご狩りは、12月中旬~5月上旬まで楽しめます。中でもベストシーズンは1月~3月)

景色が抜群に良いところで、この地からの富士山の眺めは素晴らしくキレイなのです。

近くには、「ダイヤランド」「エメラルドタウン」といった富士を見るため(?)の別荘地もあります。
その大仁でご商売をされている、○○様の会社敷地内に設置いたしました。

事前に整地をしていただいたので、作業もスムーズに行えました。
ユニットハウスを通して、とっても温和なお客様と知り合えて、嬉しい気持ちでいっぱいの一日でした。

ありがとうございました。

ユニットハウス設置の下見に訪問-静岡県浜松市

今日は、楽天ショップでユニットハウスをご購入いただいたお客様の設置場所へ、下見に伺いました。

ユニットハウスやコンテナをご購入いただき、当社で運送や設置までを行う場合、お客様が設置を予定されている場所に商品が置けるかどうかの確認を事前にさせていただいております。

確認もせずに持っていって「置けなかった」ということにでもなったら、お客様にご迷惑をおかけしてしまいますので。

確認方法は、設置場所の住所をお客様から聞いて、パソコン上の地図を見て「大丈夫だな」と判断できることもあれば、現地に行ってみないと判断が難しいという場所もしばしばです。

今回の設置場所は、静岡県の浜松市。
浜松西ICを下りたところで、上空を戦闘機が過ぎ去っていきました。

そう。ここ浜松西インターの近くには、航空自衛隊の基地があるのです。
低空でゆっくりと飛んでいるので、はっきりと機体が確認できます。

『カッコええ』
ホントにかっこいいのです。一機、また一機と、同じ方向に旋回していきます。

でも爆音もすごいので、周辺に住まわれている方は大変だと思います。
私が育ったのは厚木基地の近くで、横須賀に空母が入ると戦闘機がガンガン飛んできました。

『タッチアンドゴー』という離発着の訓練時などは、やっぱり騒音がひどかったです。
周囲には、カメラを構えたマニアの方々がたくさんおりましたけど。

設置場所は、問題ないでしょう。
パソコンで見たときに感じた疑問は、無事に解決しました。

20フィート海上コンテナ販売中! 

今週は、当社の展示場に続々と海上コンテナが入荷しています。
静岡・東京・千葉から引取りの20フィートコンテナが、月末までに13台入ります。

下の写真の緑色のコンテナは、ほとんど未使用で、とってもきれいなお品です。
白いコンテナは、冷凍コンテナです。

シャッター付きの20フィートや12フィートも入荷しますよ!
在庫が多くなってきたので、お得な金額で順次販売する予定です。
≪中古ユニットハウス・中古コンテナの販売はビッグ10まで≫

東名高速・秦野中井ICを下りてすぐのところに展示場がありますので、ぜひ見にいらしてください

ユニットハウス買取センターでは、20フィートの海上コンテナ、鉄道コンテナ、トラックコンテナ等の買取り販売をしています。ご不要になりましたら、すぐに買取りに伺います。

JRコンテナ(10フィートコンテナ・12フィートコンテナ)はJR貨物として役に立っていましたが、近年では一般販売用に製造されているものも多く、両開きドアタイプやすべての面が開くタイプがあります。扉の開口部分が広くて使い勝手が良いので、人気の高いコンテナです。

トラックコンテナは、基本的にトラックに乗っていたコンテナのことです。大小さまざまで、開け口が何種類かあります。
一般的に観音扉が多いのですが、たまにシャッター式やウィングタイプといったものもあります。
シャッター式は鍵の有無が、ウィングタイプは手動か電動かが重要となり、電動タイプのものですとお買取りができません。

ご不明な点等ありましたら、日本ユニットハウス買取センターまでお気軽にご連絡くださいね。

改造コンテナも、もちろん買取り可能ですよ。




キッチン・トイレ付きユニットハウスも買取ります

最近、連棟の引取りのお問い合わせが多く、これから入庫する予定のユニットハウスが多数あります。

2連棟や3連棟の引取りは比較的スムーズにできますが、4連棟以上になってくると「キッチン」や「トイレ」が付いていたり、間仕切りなどの改造を施したものが多く、それらを外すのにはかなりの時間を要します。

メーカー付けのキッチンカプセルやトイレカプセルだったら簡単に取り外せる作りになっているんですけど、改造されたバージョンには毎度泣かされています。

大工さんがしっかりと作ったものなどは本当に頑丈にできていますから、1日がかりになってしまうということも。

壊さないと運べないし‥。
そのまま運べれば再利用できるのに…。

まったくもったいないです。



ユニットハウスも住宅もリフォーム施工します

小田原市の住宅リフォームがやっと終わりました。

2階建て4LDK+Sで、トイレが2つ。

クロス・畳・襖・障子・洗面台の交換。
トイレやお風呂にウッドデッキ撤去などなどです。

などなどについては、追加で小さなことをいっぱいサービスしました。

施主様にはとっても喜んでいただきました。
写真を撮りましたが、ちょっと暗いですね。

※2020年現在、当社ではリフォームといったサービスは行っておりません。




ユニットハウスの引取りで東京都三鷹市へ行ってきました

今日から3日間工程で、東京都三鷹市からユニットハウスを引取ります。

お引取り先は閑静な住宅地の一角にあり、代々商いをされていたとのことで、敷地には樹齢100年以上の大木が立っていました。

3連棟の上に2連棟が乗った2階建てのハウスと、その他にも平屋3連棟がありました。

敷地が広い。一等地ですよ!

作業をしていると、どこからか親子ネコが現れ、スタッフがお弁当を入れているバッグにじゃれはじめたので、記念に写真を1枚。
心がほっこりしました。


ユニットハウスの査定-愛知県瀬戸市

ユニットハウスの見積もり査定で、瀬戸市に行ってきました。

途中、尾張東地方卸売り市場で往年の名車を発見!

写真を撮りまくりました。

ずっと残しておいてもらいたいですね~。

写真は、ダイハツオート三輪SDF8とダイハツミゼットです。
富士重工の三輪ラビットもありましたよ。

査定に出かけると、普段とはまた違った色々なものを見ることができて楽しいです。




大型ユニック車での買取りについて

ユニットハウスを輸送する場合、長さ6m以上のハウスは大型ユニック車で運びます。
4トンユニック車で運べるハウスは長さ6m以下のハウスで1.5トン以内の重量です。

ユニットハウスの買取りから販売まで

愛知県でお買取りをさせていただいたユニットハウスが、300kmの移動を経て、当社神奈川展示場にやってまいりました。

展示場に入庫した商品は清掃を行い、ものによっては塗装や修繕といった手を加えて、そのあと楽天市場やヤフーショッピング等のインターネット上と展示場にて販売を開始します。

愛知県から運んできたハウスは、神奈川県のお客様にご購入され、先日お届けにあがりました。

移設が簡単というユニットハウスの特徴を最大限に生かした事例ですね。
ユニットハウスを売りたいとお考えの方、ご連絡をお待ちしております。

地震などの災害に備えて備蓄倉庫へと改造中です

まえまえから言われていることですが、近い将来「東南海地震(南海トラフ地震)」がかなりの確立で起こると予測され、災害への関心が高まっているように思います。

当社では、通常の倉庫型のユニットハウスを備蓄倉庫へと改造している最中です。
物置とは違い、抜群の耐久性があります!

※下の写真は、社長から倉庫のできばえのチェックを受けているところです。

みなさん、最低でも3日分の食料と水の備蓄をきちんとしていますか?
この備蓄倉庫は食料を保管するものですので、断熱効果が出るように念入りに作り込んであります。

ユニットハウス2連棟の査定に伺いました

今回の査定対象は、内装が施されている、きれいな状態のユニットハウスでした。
しかし、2連棟なので連結を外さないと運べず、それには内装の一部を壊す必要があります。

壊した部分を修復するのにかなりの費用がかかってしまいますので、当社ではハウスの内装を一旦すべて剥がし、壁のネジ穴や釘穴をパテで補修するなどして再販しています。

今回のハウスは、内装に使用していた石膏ボードや木材に処分費用と作業費がかかってしまうため、お客様には残念ですが、運搬撤去費用は弊社もちで「無料引取り」となりました。

ユニットハウスの買取りで思わぬトラブルが発生!

どうしても交渉に応じてもらえず、計画は無駄に終わりました。
引き取り日は、巣立つまで1週間延期です。

ユニットハウス2連棟を買取りました

ハウスの長さ、7.5m。
大型ユニック車2台での買取り作業です。

大型ユニック車は全長が12mあるので、現場に入れるかどうかが一番重要になります。
今回は入口の壁を一部取り除いて、なんとか入れました。

ハウスに付属していたものの撤去などに費用がかかったので、実質無料引取りとなりました。

ユニットハウス持込買取りの事例

今回はユニットハウスの持込買取りについてのお話です。

千葉県松戸市のお客様が自社のトラックを使い、わざわざ弊社までハウスを持ってきてくださいました。
ありがとうございます!

千葉県松戸市から神奈川県(東名高速・秦野中井ICのそば)の運賃相当(45,000円)を、査定価格に上乗せさせていただきました。

持込買取りを希望されるお客様は、まずは日本ユニットハウス買取センターまでお問い合わせください。