ロゴマーク

日本ユニットハウス買取センター

携帯で簡単!写メでのお見積り

現金買取り・処分・撤去・売却の日本ユニットハウス買取センター|ユニットハウス|スーパーハウス|プレハブ|コンテナ|コンテナハウス|仮設事務所|バイクガレージ 〈対応エリア〉神奈川、東京、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、山梨、静岡、愛知、岐阜

震災による防災倉庫や備蓄倉庫の需要について

東日本大震災で浮き彫りになった帰宅困難者問題に対応するため、東京都は「帰宅困難者対策条例」を震災から1年となる3月中に制定するようです。

この条例とは、企業に3日分の食料や飲料水などの備蓄を求めるというもの。

どうして3日分なのかというと、人命救助のタイムリミットが「72時間以内」といわれることにあるようです。もし、この3日間に帰宅者が道路を埋め尽くしてしまったら、消防や自衛隊などの救助活動の妨げとなってしまうからです。

また、帰宅途中に余震や火災などの二次災害に巻きこまれないよう、社内が安全ならそこに3日間はとどまってほしいという趣旨も含まれています。

今後、防災倉庫の需要が高まりそうです。

使わなくなったトラックのコンテナや海上コンテナがございましたら、ぜひ日本ユニットハウス買取センターまでご相談ください。
ユニットハウスと同様に買取り後は再生品として役立たせていただきます。