ロゴマーク

日本ユニットハウス買取センター

携帯で簡単!写メでのお見積り

現金買取り・処分・撤去・売却の日本ユニットハウス買取センター|ユニットハウス|スーパーハウス|プレハブ|コンテナ|コンテナハウス|仮設事務所|バイクガレージ 〈対応エリア〉神奈川、東京、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、山梨、静岡、愛知、岐阜

ユニットハウスとプレハブのどちらを買えば良いの?

ご購入をお考えのお客様へ
ユニットハウスとプレハブだったら、どちらの方が良いのだろうかと迷われていませんか。

ユニットハウスとプレハブの違いをご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。
(本当に迷われている方は、ご連絡いただければ私たちがご相談にのります!)

■ユニットハウス・・・各メーカーとも、間取りが決まっている。基本的にはユニック車での搬入となるため、狭い道路・電線・立ち木・隣家など、設置の妨げになるような障害物がある場所への設置はできません。
材質的に耐久性が高いので、長期使用が可能。もし不要になった場合も、当社のように引取りを行っている業者に依頼をすれば、処分することができます。
他の場所への移設が容易で、本体の不具合は各部分で修理対応すればいいので簡単です。

■プレハブ・・・組み立て式で、ある程度は間取りが自由に選べる。
現地で組み立てを行うので、「4トンユニック車が入っていけない狭い場所」や「電線などの障害物でクレーン作業が困難な場所」への設置が可能です。
材質的に消耗度が大きいので、長期使用には向いていません。不要になったときには廃材にしかならず、撤去するのに20万円くらいの費用がかかります。
本体に不具合が生じたときの修理が割高です。

《ユニットハウスとプレハブの中古価格の目安》
○ユニットハウス・・・材質的に本体価格は高いです。運搬費しかかからないので、約6畳で30~40万円位。
○プレハブ・・・材質的にも本体は安いです。しかし、本体以外に組み立て費などの費用がかかるので、約6畳で30万円位。
中古プレハブを取り扱っている業者は少なく、なかなか要望するものが見つからないでしょう。