ロゴマーク

日本ユニットハウス買取センター

現金買取り・処分・撤去・売却の日本ユニットハウス買取センター|ユニットハウス|スーパーハウス|プレハブ|コンテナ|コンテナハウス|仮設事務所|バイクガレージ 〈対応エリア〉神奈川、東京、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、山梨、静岡、愛知、岐阜

ユニットハウスとプレハブどちらを買えば良いの?

ご購入をお考えのお客様へユニットハウスが良いのかプレハブが良いのか迷われていませんか。
ユニットハウスとプレハブでの違いをご紹介しますので参考にしてください。
「本当に迷われている方は、私(森谷)が、ご相談にのります。」

■プレハブ・・・組み立て式である程度間取りが自由に選べる。
現地組み立てなので4トンユニック車が入って行けない狭い場所や電線などの障害物がありクレーン作業が困難な場所への設置も可能。
材質的に消耗度が大きく長期使用は困難。不要になった時には廃材としかならず、撤去費用が20万円くらいかかります。
本体に不具合が生じた時の修理が割高。

■ユニットハウス・・・各メーカー共、間取りが決まっている。基本的にはユニック車での搬入となる為、狭い道路・電線・立ち木・隣家等、
設置の妨げになるような障害物がある場所への設置はできません。
材質的に耐久性が高いので長期使用出来る。不要になった場合でも弊社などの業者で販売が可能。
他場所への移設が簡単。本体への不具合は各部分での修理対応が簡単。

《ユニットハウスとプレハブの中古価格の目安》
○プレハブ・・・材質的にも本体は安いです。だだ、組み立て費などの本体外費用がかかるので6畳くらいで30万円位。
        中古プレハブは取扱い業者が少なく、なかなか要望するものが見つかりません。
○ユニットハウス・・・材質的に本体価格は高いです。運搬費しかかからないので6畳くらいで30~40万円位。