ロゴマーク

日本ユニットハウス買取センター

現金買取り・処分・撤去・売却の日本ユニットハウス買取センター|ユニットハウス|スーパーハウス|プレハブ|コンテナ|コンテナハウス|仮設事務所|バイクガレージ 〈対応エリア〉神奈川、東京、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、山梨、静岡、愛知、岐阜

結露対策として何をすればよい?

結露は、湿気を含んだ暖かい空気が冷やされることによって発生します。
その要因として挙げられるのが、「室内に湿気が多いこと」と「室内と外との温度差があること」です。

室内の湿度を下げるには、こまめな換気をすることが基本となります。

窓を開けて部屋の換気をする場合は、2か所の窓(やドア)を開けるのがポイントです。
窓を1つ開けただけでは、外の空気と部屋の中の空気がうまく入れ替わらないので、窓とドアをセットで開ける等して、空気の入口と出口の両方を作ってあげるようにしましょう。

調理の際には、換気扇を回して室内の空気の循環を良くすることも、結露を防ぐ1つの方法になります。また、洗濯物の室内干しをする場所は、部屋ではなく浴室にしましょう。

その他に、灯油やガスを燃料とする開放型(石油ストーブ、ガスストーブ等)の暖房器具は水蒸気を発生させるので、非開放型(FF式石油ファンヒーター、FF式ガスファンヒーター等)や電気の暖房器具にすることも、結露対策になります。

室内外の温度差で冷えやすいのは、外気と直に接している窓ガラスです。外からの冷気をシャットアウトしてしまえば、室内の空気が冷やされず、結露が起こりにくくなります。冷気をシャットアウトする方法として、断熱シートや断熱フィルムを窓の内側に貼ったり、インナーサッシ(室内側にもう1つ窓を取り付けて2重窓にする)という手もあります。

結露の起こる環境は、放っておくとカビやダニの発生にもつながり、人体や家にも悪影響を及ぼしますので、できるところから気をつけていくと良いでしょう。