ロゴマーク

日本ユニットハウス買取センター

現金買取り・処分・撤去・売却の日本ユニットハウス買取センター|ユニットハウス|スーパーハウス|プレハブ|コンテナ|コンテナハウス|仮設事務所|バイクガレージ 〈対応エリア〉神奈川、東京、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、山梨、静岡、愛知、岐阜

鉄が丸出しの天井に断熱材入りの板を張れば、夏の暑さ対策に効果がある?

断熱材入りの板を天井に張り付けても、あまり効果はないでしょう。
なぜならば、天井が熱を吸収してしまい、部屋の内側に張ってもあまり効果がないからです。普通の家の天井と天井裏のように、空気や熱の流通を遮断するような構造にすることも困難だろうと思います。

これはちょうど、窓からの日差しで室内が暑くなるので、室内にカーテンを取り付けるのと似ています。日差しの熱は、結局は室内のカーテンをあたためるので、室温が上昇します。この場合は室外に、葦簀(よしず)や簾(すだれ)をつけることで、日光と熱を遮断することで、かなり涼しくなります。

これと同じように、ユニットハウスの屋根の上に、日差しを防ぐ葦簀か簡易屋根を付けると良いでしょう。屋根の上に、竹竿、角材、足場鋼管などを□や田のように組んで、それをユニットハウスに固定し、その枠に葦簀を針金で固定すればできあがりです。また、南側や西側の壁や窓に葦簀を立て掛けることも効果がありますから、ぜひやってみてください。

涼しいシーズンになったら葦簀は丸めてしまっておいて、次の年は使っていない方の面を太陽光に当てるようにして使えば、4~5年ほどは保ちます。いずれも、強風時に飛ばされないように、枠の四隅をユニットハウスの外装にきちんと固定することが必要なので、ご注意ください。

ご参考までに、太陽の熱を吸わないタイプの塗料もありますが、葦簀や簾ほどの効果はないと思います。